自転車の乗り方の練習|自転車が乗れなくてもへんしんバイクを使えば大丈夫!

自転車が乗れなくてもへんしんバイクを使えば大丈夫!

箱
  1. ホーム
  2. 自転車の乗り方の練習

自転車の乗り方の練習

ファミリー

子供の成長に合わせる

幼稚園入園前の子供へのプレゼントとして人気なもののひとつがへんしんできるバイクです。自転車にスムーズに乗れるようになるために工夫されていることが特徴です。子供の成長に合わせて、さまざまなパーツを追加していくことで自転車に乗れるようになります。基本パーツとしてはペダルとチェーンのない自転車です。はじめはまたいで足で地面を蹴ることで移動して自転車を乗るために必要な感覚を養います。そして、ハンドル操作を覚えて、実際に操作して慣れます。慣れてきたらペダルやチェーンを取り付けることで自転車になります。このようにステップアップできるのでへんしんするバイクということになります。もちろん、サドルについても子供の成長に合わせて調整できます。

楽しみながら覚える

へんしんできるバイクを利用する目的は自転車に乗れるようにするためです。全く初めての自転車というときにも使うことができますし、既に補助輪付きの自転車に乗っていて、補助輪を外す練習としてへんしんするバイクを活用することもできます。つまり、子供の自転車の進歩具合に合わせてへんしんするバイク一台あれば、それに応じた練習をすることができます。自転車にいきなり乗ると、ペダルを漕ぐ動きと自分で自転車を操縦するという二つの動作を覚えなければ行けませんが、このバイクであれば、初めは足で地面を蹴ることで動くので、恐怖心を感じずに遊び感覚で覚えていくことができます。そのため、子供も楽しみながら練習するので、上達が早くなります。